SSブログ

日本初の刑務所のラジオ生放送 DJは住職 [ラジオ・テレビ]

日本初の刑務所のラジオ生放送 DJは住職

「こんばんは。すっかり寒くなりましたね。きょうのテーマは『今年1年を振り返って』です。みなさんはどんな1年を過ごしたのでしょう」
 午後7時半、軽快な声が響き、いつものように番組が始まった。毎月1回、月末の月曜日に放送される富山刑務所内限定のラジオの生番組「730ナイトアワー」だ。DJを務めるのは地元の曹洞宗「清源禅寺」住職、川越恒豊(67)。「方丈豊」という名で、昭和54年の放送開始以来29年間、1度も休まず続けてきた。

番組は、受刑者がリクエスト曲とともに添えてくる200字以内のコメントを紹介しながら進められる。
----------------------------------------------------
裁判員制度実施まで半年となり、
候補者の方への通知も届きだして、
あちこちのトップニュースになっている中でこんな記事がでていました。

実はこうした刑務所の中だけで流される受刑者向けラジオ番組
今では全国各地で行われています。

この富山の方はその元祖であるようでまもなく30周年ということですが、
最近ではその地域にあるコミュニティFM局とかが委託されて
ボランティアで請け負っているケースも多いです。

東京の府中刑務所では調布FMが

府中刑務所の地元に近い「調布FM放送」(調布市)のパーソナ
リティ長谷川理沙さんは、同局チーフディレクターの岩松真也さんら
と、月1回、刑務所内講堂裏に機材を持込んで、臨時スタジオを
開設、リクエスト番組「けやきの散歩道」を放送している。

 受刑者からのリクエストカードの氏名欄は、黒塗りで伏せられ、
イニシャルが記されている。また紹介されるカードは刑務官が選ぶ。
しかし長谷川さんは、「全員の意見を聞きたい」と毎月寄せられる
300枚近くのすべてに目を通す。

中略

「従来の慰問は、どこか“一方通行”になりがち。
受刑者が思いを“キャッチボール”できる場があれば」と刑務所内でラジオ放送構想が持ち上がった。

和歌山でも同じく地元のFMマザーシップが

同局は「思い出の曲に触れ、1日でも早く社会に復帰したいと思うきっかけになれば」と話している。
----------------------------------------------------------------------
ラジオがもつ、パーソナルなメディア・限定された双方向という特性が
見事に生きている実例ともいえるこれらの放送ですが、

放送とはいいつつも、
あくまで刑務所内の慰問活動の一環として行われているもので、

受刑者の個人情報の問題とか、
外部との通信に使われてしまう可能性とかあって、
(北朝鮮の暗号放送みたいに音楽がメッセージになってたりとか)

外では一切流せないことになっているんですけども、

実は犯罪を犯し、服役して罪を償っている人たちが
今、何を考えているのか?

彼らの本音を知ることができるという点でも貴重な機会なので
何らかの方法で一般も聞けるようにしてもいいんではないかなと・・
個人的には思っています。

特に裁判員制度もはじまり、
今までのようにどこか「くさいものにはフタをしろ」的というか、
犯罪者を遠くて異端な存在であるかのように見るだけでよいのか??
という気もしますしね。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 1

teru

規範マナーをまもって仕事ばりばりやってがんばってます。

by teru (2009-11-22 03:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます