So-net無料ブログ作成

小室哲哉が告白、新曲50曲ド派手復帰計画:さすが見城 徹だ [音楽]

著作権譲渡をめぐる詐欺罪で懲役3年の判決を受け、執行猶予(5年)中の音楽プロデューサー・小室哲哉(50)が、50曲同時発売という前代未聞の復帰計画を進めていることが15日、分かった。逮捕からの心情をつづった著書「罪と音楽」(幻冬舎、16日発売)で告白しており、既に20曲を制作。「今度はリスナーの審判が下る」と“1日1曲”のペースで制作を始めている。

 先月22日、音楽イベント「a—nation」でステージ復帰した小室。注目の復帰第1弾作品について、自著の中で「ある種、度を超えたものでなければ…。たとえば50曲同時発売はどうだろうかと考えてみた」と明かした。

 あくまで「現時点での構想」とした上で「エイベックス所属のアーティストの方々、さらには新人も含め、50曲の全曲が新曲だ。できる限り、全アーティストに直接お会いしてお話をして、曲の方向性を固めて作りたい」としている。

 関係者によると「既に20曲を書き上げ、毎日、昼からスタジオに入って作業をしている」というから、朝方の生活に慣れた様子。ヒット曲を出すことが「これからの僕の義務。許された時間はそれほど多くはない。1年か半年か、いわゆる“ほとぼりが冷めてから”とはいかない」と強調。早ければ来春にも発表するとみられ、裁判官よりも容赦ない“判決”を突き付けてくるリスナーからの審判を前に“1日1曲”を自らに課して、100曲を超える中から50曲を選ぶことなる。
---------------------------------------------------------
本人も必死だろうけど、
貸した金返せよなMAX松浦も必死なわけで・・
avex一丸という感じの仰天計画ですね。

とはいえ小室ブーム全盛期のような粗製濫造みたいにも受け取られかねないので
この戦略はどうかなぁ・・という気もする。

じっくり時間はあったからこれだけ作ってみましたどうでしょう??
というつもりなんだろうけどね。

この中にいい曲がいくつかあっても埋もれちゃうんではないかと・・

個人的にはこういうやりかたよりも、
いっそ小室という名を隠して、ヒット曲が出て
実は小室でした。みたいな感じのがいいんではないかなと思ったりしたけどね。
初音ミクをプロデュースするとかも含めて・・



こんな風になんだかんだとネットでは小室人気だし(w

結局この復帰騒ぎの中で一番得をするのは、
元々小室と関係があって、今回もちゃっかり告白本をプロデュースしている
幻冬社・見城 徹だけってことなのかもね。

罪と音楽

罪と音楽

  • 作者: 小室 哲哉
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2009/09/15
  • メディア: 単行本



あ、全盛期に出した↓と併せて読むと面白いかもね。

小室哲哉 深層の美意識

小室哲哉 深層の美意識

  • 作者: 神山 典士
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1996/03
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

なんちゃって新幹線変わりゆく大阪 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます